FC2Blog | RSS1.0 | ログイン | 投稿 

TFK来日希望・簡易版

「The Flower Kings来日希望」の簡易版です
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | trackback(-) | comment(-)
InsideOutのYouTubeチャンネルに、The Flower Kings「Desolation Rose」のメイキングビデオがアップされています。メイキング、といっても、インタビュー(英語)がメインです。

http://www.youtube.com/watch?v=GKK4pRNanOQ

新曲がバックに流れているようですが、個人的にはFelixのドラミングに目と耳を奪われます。バンドに残ってくれてありがとう(^^;)



(追記)
The Flower Kings Fanclub Japan Facebookページで、インタビューの日本語訳が公開されています。使用許可をもらいましたので、以下に転載します。

The Making Of Desolation Rose (STUDIO DIARY PART 1)
2013年10月4日 15:20
http://www.youtube.com/watch?v=GKK4pRNanOQ


Q: 今回は今までと何が違いますか?

J: THE FLOWER KINGSが始まった時は、殆どRoineが全て作曲していたんだ。スタジオに入る前にね。
F: Roineのアイディアをコピーする感じだったの?
R: Copy Cat(ものまね)だ。
J: 今回は新しいコンセプトでやることにしたんだ。
F: 良い方に向かうためにね。
H: 今回は、Roineのアイディアなんだけど、殆ど何もない状態で、みんなでアイディア、テーマや、リフなんかを何でも良いから持ち寄ってそこから始めたんだ。特に僕は非常にそのやり方に懐疑的だった。
F: 今でもそうなの?
R: 今はそうでもないよね。
H: 数日経ってから、とてもそれに入り込んでやっているよ。ただ、そういうやり方をして、もしも、何も起こらなかったらどうしようか?という思いもあったんだ。実際にはとても良い方向へ向かってくれたから良かったと思っているけど。
R: とても重要なのは、今回僕たちは「違った」やり方でレコーディングをしたという事実なんだ。もう何枚も一緒にアルバムを作ってきて、本当に最初はシークエンスやバックグラウンドしかなかったんだ。ドラムトラックだけ、とか。
F: もう他のドラマーの話はよしてくれよ、Roine
R: ノー!
F: もうその話はしないって約束したじゃないか!(頭を抱える)
T: 彼はドイツ出身だからね。
F: だって約束したんだ、くそったれめ。
R: とても良かったのは、僕がアイディアを投げかけると、Jonasが別のアイディアを返してくれて、その場ですぐに反応が返ってくるんだ。Eメールでみんなにファイルを送って、待つったり、電話したりする必要がなかったのは良かったね。その場でプレイして、ダメなら「ノー」って言われて。または「イエス」ってね。
F: 前回のアルバム「Bangs of Eden」で初めてみんなと会ったんだけど、
R: 「Gangs of Eden」
T: 「Banks of Eden」
F: 凄く良い感じでさ。50か60のショーをこなして、
R: それくらいかな
H: そうだね。50近いかな。
F: 凄くバンドらしいサウンドになってきてさ。お互いをよく知って、それを踏まえてから、これをやったからね。とても良かったと思うよ。みんなの持っている良い部分を持ち寄って、レコードを作るんだ。
R: 最初は曲そのものがなくて、みんな、ここからどこへ向かうのか?って感じで。みんな「あぁ」って失望した感じだったけど。今、こうやって聞き返してみると、とても興味深いんだ。インスパイアされるんだ。断片的だけど凄く良いアイディアも持っていたしね。
F: それにFenixスタジオは本当に世界で最も綺麗なスタジオというだけでなく、最もハンサムなオーナーが所有するスタジオでもある。(Hasseに向かって)彼はいつも文句を言っているんだ。
H: 僕はいつも文句ばっかり言ってるよ。でもLars(Hallbäck、スタジオ・オーナー)はハンサムなヤツだよ。ファースト・クラス・スタジオだよ。部屋も素晴らしいし、設備もスーパーだ。
F: ドラムのレコーディングは本当に素晴らしいんだ。ドラムの音が本当にデカく録れていて。後で聞き返してみたら、本当に素晴らしかった。
沢山のドラマーと一緒にやっているけど、誰が一番長かったの?
R: Jaime。
F: どれくらい長く?
R: 5、6枚のアルバムだね。(Felixが頭を振る間)取り敢えず、1枚はやりのけたんだ。そして最初のツアーもやったし。
F: ツアーは2つだよ。
R: だから、、、そうだね。期待しているよ。
新しアルバムに関して何か期待する部分とかある?
T: 期待したいのは・・・そうだね。Medicine Square Gardenだね(NYCにあるMadisonSquare Gardenにひっかけて)。
H: Medicine Square Garden。
F: このバンドはいつも、薬だとか、ピルだとか、そんなのばっかりだ。
T: だから、出来れば薬なしでツアーをしたいね。
F: ホントに?
F: 新しい要素は、僕が思うに、カウベルだよ。
T: イエーイ!

2013.10.05.Sat 00:40 | ニュース | trackback(0) | comment(0)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。